• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

チロちゃんのこと

  • 2016年10月13日(木) 22:00:00
  • お客様
チロちゃんのおばあちゃんは、飼い主の責任だと言って、毎月必ず遅れることなくチロちゃんの預かり代を持ってこられます。
先日、チロちゃん家のおばあちゃんが来店されました
その時は、息子さんも一緒でした。

久しぶりに会ってもらいましたが、完全に痴呆になったチロちゃんは、おふたりのことを全くわかってなく、ずっと吠えてました。
「これではただ生きてるだけですね」と悲しそうに仰いました。

おじいちゃんも春に他界され、おばあちゃんは「私もいつどうなるか・・・」とも仰ってました
私の方から「チロちゃんのお薬治療やめましょうか?」と聞いてみました
「この子は家にいたらもうとっくに死んでます。この子の親も兄弟もみんな死にました。ここで良くしてもらい、チロはもう充分生きました」と仰いましたので、「今あるお薬が終ればもう止めますね」とお伝えしました

後10日程でお薬は無くなります。
それでお薬治療は終わりにします。
後は、自然の流れに任せます。

病院の先生にその旨を伝えどうなるか聞いてみました。
腹水が溜まり、吐き、寝たきりになるので、介護が必要になると言われました

私ひとりで大変ですが、チロちゃんの最期、しっかりとお世話させてもらうつもりです。
もちろん、行き届かないところもたくさんあると思いますが、頑張ってみます

今のチロちゃんは、排泄をゲージの中でしてます。
ウンチは食べ、オシッコは飲んでます。
もちろん朝夕のお散歩でも排泄はします。
食器の水を飲むのはお散歩から帰ってきた時のみです。

今のちろちゃんです
MOKO
起きてる時はずっと吠えてますので、食べても食べてもガリガリです
視点も定まってません・・・

おばあちゃんと私の決断に批判される方もいらっしゃるでしょう。
たとえ勝手だと言われ様が、そういう方のコメントは一切受け付けませんのでご了承ください。

ありがとうございました
スポンサーサイト
応援よろしくお願いします にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する